認定看護師の求人ガイド!履歴書は重要?

認定看護師としての履歴書は?通常通りですね

日本における医療現場にて非常に大きい存在感を示すのが看護師さんですが、この看護師さんにも特定の専門治療分野における専門知識の高さを認められた認定看護師制度が存在しています。

 

認定看護として認められるには、制度上に特定された看護分野にて専門性を蓄積しなければなりません。それらの中には、『集中ケア』・『緩和ケア』・『訪問看護』・『がん看護』・『認知症看護』などの非常に日本人には身近な重要疾病も含まれているのです。

 

認定看護師

 

通常は認定分野における臨床経験を複数年こなした後に、専門の教育機関における課程を修了して審査を受けると認定看護師として認められます。もし、認定看護師として改めて転職活動を行っていくのであれば履歴書の内容はどのようにすべきなのでしょうか?

 

基本的に、認定看護師として転職するために履歴書に書くべき内容は特別なものは必要ありません、しかし明確に記載しておきたいのは、認定看護師としてその入職を希望する医療機関にてどのように活躍をできるかを説明できる内容になります。

 

認定看護師を求めている医療機関側でも、ただ単に認定看護師の資格保持者を欲しいというわけではありません。認定看護師として看護師を迎えることで、逆に職場に何らかの好影響や改善を期待しているからこそ色々な提案を求めているのです。

 

このような流れから言うとこれから認定看護師として活躍される予定の看護師よりも、既に認定看護師として活躍された経験のある方が転職は有利になると言えるでしょう。

 

さてそんな認定看護師として新たな転職先をチェックしたいのであれば、インターネットにおける転職支援サイトに登録をすることにしましょう。このような転職支援サイトになりますとその登録などもすべて無料でできてしまうことから、どんな看護師さんでも簡単に転職活動を始めることができるのです。

 

その他、転職支援サイトには転職のバックアップをしてくれるキャリアコンサルタントさんがついていますので、理想的な求人のマッチングをしてもらうように心がけてください。